TOP > オーナーズブログ

  • 車検・メンテナンス
  • チューニング&ドレスアップ
  • リサイクルパーツ
  • オーダー
TUNING PARTS&DRESS UP PARTS
HASHIMOTO
LAGER CORPORATION
MANSORY
KAHN
J&L
AMD
MLA

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

オーナーズブログ

日曜日のジュネーブ。




人は必ず睡眠が必要な訳で、どうしてもその時間は必要不可欠である。




20190613001.JPG
ジュネーブにいる時間は限られる

でも、有名な場所は

押さえておきたい。

寝る時間を減らしてまでも目に焼き

付けて帰りたいものです。

石畳が、とても似合う








20190613002.JPG
まだ、夕食が決まらない。

そとは18時を過ぎた辺りです。

日曜日なので孤独感は感じない。

アジア系の観光客をよく見かけるからだ。












201906130055.JPG

今年は東京モーターショーの当り年

あのポルシェが不参加って前回も言

ったが電動ラジコンカーの開発しか

考えてない日本のマーケットには

魅力を感じて無いのかな・・。


(帰りのサテライトラウンジの写真)

月曜日のね!




20190613004.JPG



















20190613008 (2).JPG



















20190613006.JPG



















20190613003.JPG



















20190613009 (1).JPG




















あっと言う間に2日間は終わり・・

ショー会場見学は月曜日だったおかげで

結構、しっかり見れました 感想は?映画もクルマも売れなくなると古き良き時代を

リバイバルするって感じました、その中でも進化し続けるメーカーもある、そこがいい

このショーを観て刺激を受け、また何かに生かしていければ 

それだけで小生にとっては収穫です。




ローバーミニのフルカスタム?って言うか中身はすべて最新設計の最新設備!

そんなクルマもある 映画で続編を出し続けると、見せ掛け内容は全く別もの

そんな感じのクルマも見受けられる。



コンセプトカーより実用性?現実性?

ショーをみるとその時代の経済事情

まで、分かるようだ。





1泊2日のジュネーブ。






ロンドンからスイスジュネーブに移動した。

目的はジュネーブモーターショーの視察である。

3月に行う為、今年1年間の流れが予測できるショーである。

メーカーだけではなく、プロショップなども出展してくるので刺激&アイデアのヒントにもなるショーだ。

今回は日曜日を利用して行動したのだが・・ひとつだけミスった事に気付く・・とにかく店がお休みです。

日曜日はブランドショップからレストラン、サービス業だろうがなんだろうがとにかく休みが多く食事を

するにもかなり探した。

20190507002.JPG
空港出口。

一端、外にでて電車が出ている

駅ビルに移動するのだが・・

ジュネーブの場合、そのビルの

隣がショー会場と言う、物凄く

利便性の高い場所で

行われる。






20190507001.JPG
こちらは空港駅から移動してきた

ジュネーブ駅。

羽田空港~東京駅みたいな感じ

でも、時間にして6分程度の距離

これぞ、駅ビルって感じです。

このグランドフロアでチケットを買い

電車でホテルまで移動する事に・・






20190429003.JPG
ジュネーブ駅から25分程、離れた

ホテルを予約したのだが・・

とにかく、言葉の壁と行きたい駅名の

発音に悩む(笑)。

みどりの窓口で30分以上

並んで買ったかな。

みどりの窓口と言うかは

分からないけど。




20190429004.JPG
少し、冒険しすぎか・・と後悔もしたが・・


















201904290190.JPG
こんなに大きな電車で移動できるなら

楽しいか?と言い聞かせ、乗ってみる
















201904290050.JPG
とにかく無駄な空間ばかりの車内(笑)

改札などは全く見てない・・

どこでチケットを確認するのやら・・

日曜日だから?まさか?だとは・・

お金払わなくても乗れそうな

システム。








20190429006.JPG
近くには何も無いほどの田舎街。

大きなスーパーがあるところを

わざわざ探したのに・・

スーパーも休み。

レストランカフェがこのホテルには

あるのだが・・外国人に占領されて

食事も無理か・・






スーパーを見るのって楽しいですか??何が売っているか?とか、

スイスを感じるパッケージとか日本食は売っているのか?とかね

残念でした。

20190429001.JPG
結局、またジュネーブ駅周辺に戻ってきた

夕方なので、早めに食事を済ませようと。

月曜日、一日をすべてショー見学に

時間を使うつもり。

やはり、アストンとランボは別格なの?

特別扱いをされている感じでした!

クルマのナンバープレート!

小さくていいなぁ~




20190429008.JPG
レマン湖。














2,3時間は歩いたかな。

さすがに日曜日なので小生のような観光客は沢山見かけました。

今年は日本人が少ないな・・日本でも販売しているボルボや

ランドローバー、ジャグワーが出展していない・・残念だ

KAHNなんかもかなり縮小し1台のみの出展です。




ジュネーブのクルマたちについては(展示写真)いつも同じ事を言っているが

小生の写真より、ネットの載っている写真の方が鮮明で説明もあるだろう・・

小生の文章力なんかより、yahooやGoogleで検索すべき(笑)。


月曜日の夜、ロンドンに戻って・・荷造りか・・ 面倒だな

明日、火曜日の朝早く、ヒースローから日本に戻ります。

ヨーロッパの2都市を5日で回るのは結構、キツイ。




小生、ヨーロッパをよく旅します

アメリカよりはヨーロッパが多い。

でも、来年はもっと厳しい状況になっていくだろう・・自動車経済はね。

中国を無視できなくなっており、今年の東京モーターショーは

ポルシェが不参加。 でも、中国には出展予定だそうだ。

今年始まった話では無いが・・日本の自動車業界は

鎖国時代に逆戻りのような・・

次の視察は中国になる?

そうなりそうだな・・






























3日目。






ヨーロッパ3日目。



少し早起きをして、ジュネーブに向かう。

今回は時差ボケが無く、体調も悪く無い。

イングランド側からみると EU加盟国は大陸側に全てがある感じ。

だから、大陸に行ってくるんだね?って聞かれます何処に行くのも2時間圏内だから

とても助かります 行き方も色々あります 1年前からブッキング出来る航空会社も

あって£1で航空券が買える(時期&時間帯指定)なんて事もあるんです!日本円で

150円って事になるのかな?ヨーロッパのLCCは日本なんか、問題外の価格競争です


今回小生はガトウィック空港を利用しジュネーブに向かいます。チェックインの時、少し

だけ話をしたがベテランのスタッフが言ってました 35年程前はJALが使っていて多くの

日本人が居たと言う、だがヒースローができ、日本人の利用客が居なくなりLCCが激増し

サービスも変ったと・・そう言えば、ビジネスマンばかりで観光客は少ないように思えた。


20190506002.JPG
ここはいつも利用している街。

比較的、何でも揃っています。

日本食を販売するお店もあります

ここからガトウィックまで快速を

使わず地下鉄とローカル線だけで

向かうと1時間10分はかかります。

小生が思うに英国は電車賃が

とにかく高いイメージです。




20190429002.JPG
ビクトリア駅まで地下鉄で行く。

その後はガトウィック空港まで

ローカルか、直通快速か、です

この写真はガトウィック空港。

まだまだ、キレイな空港でした










せっかく、訪英話をしているのだから、もう少し情報が欲しいですよね?


ロンドンについてマメ知識を少し話します。


ロンドンって言っても、観光客からしたら何処までがロンドンなのか分かりません・・。

ゾーン6までならオイスターで行ける!?とか言われても、ZONEって何?ですよね~

ロンドンを1つの街で考えると、外回り環状線があります。それがM25と言うバイパス

M25のバイパスは環状線なのでぐるっと一周出来るように道路が整備されています

M25の内側がロンドン周辺と思って頂くと分かりやすいでしょうか?(地図みて)

その円を4等分すると1個に1空港を設けております。自分が宿泊する場所を中心に

考え東西南北を決めて行動すれば、利用しやすい駅も空港も大体決まってきます。

少しは役にたちますか?オックスフォードやウェールズ方面ならパディントン周辺。

フランス方面(ロンドンの東側)ならセントパンクラス周辺。イングランドの南周辺

なら、ビクトリア周辺とか、決めて動きやすい地下鉄沿線のホテルをリサーチ!

してみて下さい。結構、動きやすくなると思います。



次回はジュネーブの話をしてみてもいいですか?

読んでいて楽しくないと思いますが

もう少々、旅の話が続きます(笑)。




今日は5月6日。

仕事始めの慣らし運転です。

天気もあまり良くないけど、自動車情報はフェイスブックや伊藤店長のブログで

リアルタイムに収集して頂き、小生の話は酒のつまみ程度で読んで頂けたら

うれしいです。










会社訪問。



英国(イングランド)には

大きく分けて3つのパーツサプライヤーがあります(ランドローバーのみ)

その中で比較的ロンドンから近い所が、オールメイクスと言うカンパニー。



20190429011.JPG
ここはパディントン駅。

ピークタイムは流石にチケット代が
高くて乗れないので9時30分過ぎ出発の
チケットを往復で買う(片道も往復も料金は同じ)

電車が一新しておりました!スピードも上がって
20分程、短縮です!新しい電車もいいですよ~!
自分でドアの開け閉めが無くなりましたから(笑)






20190429009.JPG
ミルトンパーク(ビジネスパーク)。

ここには沢山の会社があります。

もちろん、電車やバスでは行けないので

迎えに来て頂きました。

もしかすると、始めて来たかもしれない。






随分前に来た気がするが、少し場所が変わっていた・・引越したそうだ。

そんなに訪問して無かったかな・・

20190429017.JPG
少し元気が無くなった気がした。

やはり、出稼ぎ労働者が居なくなり

全体的に人不足は日本と同じ状況らしい

EU離脱・・本当に出来るのか?友人にも

聞いたが、離脱するメリットは少しも無い

と、話しておりました。




北アイルランドはイングランド管轄 アイルランドはアイルランド。

アイルランドにパスポートコントロールラインを引くのか?この問題はかなり深い・・

イングランド人としてメリットを感じた人間が北アイルランドに移住したが・・

簡単に返還するよ とはならないだろうし。



視察と世間話はほんの1時間程度で終わらせ、他を周る事にした。

中古車も気になるところだが、ディーラーはどう考えているのか?がとても気になる(離脱について)

英国を走るクルマたちは・・生産工場がオランダだったりスペインだったり・・BENZ&BMはドイツ。

輸入制限がかかるのか?英国仕様を新たに設けるのか?ラインオフする車輌など・・出てくるのか?

その辺りを聞きたくて・・今、オーダーしているクルマに影響は出るのか?などなど、無視できない

状況なのだから・・とそう思ったからだ。


20190429007.JPG
すっかり暗くなり

あとはパディントン駅に戻るだけ。

あと1週間もすれば、英国にも桜が
咲き始めます。でも、この日は風が
とても強く寒い夜だったなぁ


独りで行動する年頃もそろそろ
終わり・・限界かな(笑)。




20190429010.JPG
パディントン駅に着いたのは

夜10時を過ぎたころかな。

ライトアップしてました。

少し元気が出たかな?








離脱問題は本当に問題なんだな。

今回訪問したカンパニーも方向性を模索しておりました。

ランドローバーのサプライヤーと思っておりましたが、ジャグワーやクライスラーパーツの

取り扱いも増やして行きたいそうだ・・・クルマが売れてないのは世界的な問題なのかな・・

小生も色々な車種の取り扱いも視野に入れて考える必要があるのかなって思う事がある


でも、どうなんだろう・・


会社の大きさや取り扱い規模なんて!今はどうでもいい気がしています。

好きな事だけをあと20年続けて行けたら幸せだと思うから。

せっかく英国に被れてしまったのだからイングランドの

クルマ好きで人生を終わってみたいかな。




201903290111.jpeg
日本に戻って

1週間後、元気に桜が咲いたようです。

今年は東京より、ほんの少し早かった

ようですよ。








13年目の訪英。



ようやく、デスクに座れた感じです。

日々作業に1日を使い、工房にこもる事が続いてしまっている。

3月の2週目から訪英とジェネバショー見学など、沢山の報告があったのだが

ここまで時間が経つと何から言って良いのか・・考えているうちにまた時間が過ぎる。


もう、5月なんて信じられない・・時の速さを物凄く感じる。

久しぶりなんで何から話そうかな?

イギリス事情がいいのかな?


今年で13年目となる訪英です。去年はスタッフを英国や米国に行かせたりで小生はお休みです

1年空けての訪英でした。 英国に向けて一番嫌な事と言ったら入国審査です・・毎回、ホント

嫌になります 今年は最悪の2時間30分程かかりました!ちょっとしたテロ騒ぎも重なってね


パスポートコントロールについて豆知識。

英国の入国審査は結構、ネット上でも書かれています!

①英語が苦手・・なのにやたら質問が多い

②入国審査する人が少ない

 などの話しを多く目にする。


今回は流石に2時間30分と言う 超待ち時間状態だったのでこちらから色々聞いてみた!

すると面白い答えが!(英国にこれから行く人はためになるかもね)まず、使用ターミナルが

良くないと言われた これがターミナル2なら最速15分で入国パスだそうだ!!そう、小生

何時も使うのがJALなんだけど、ANAを選べば、ターミナル2を使う ターミナル3のJALは

インド系の飛行機会社も利用する為、どうしても入国審査に時間をかける必要が出ると言う

今度はANAで来い!と言われた・・でも、JALのチケットは比較的安いのも魅力なんだよね

コードシュアでブリディッシュエアもあるので価格がお手頃になるのだろうと小生は考える。



相変わらず、通じてんのか?相手が分かってないのに

一方的に話をしてくるのか?分からない・・英語が上達する事はもう無い(笑)。

でも、今年の7月には今の成田や羽田のようにスマートゲートを日本人にも採用するかも?

と、話してくれました!実現したらホント楽です。今はEU加盟国の人達のみに使われている

スマートチェックインだが同じ先進国の日本にもゲート使用を開放してくれればもしかすると

英国が、もっと身近になる?かもしれないって言うお話です。


20190429019.JPG
今回は羽田からの出発でした。

キレイな空港ですよね。


東北人に言わせると成田との

利便性を比較するなら

正直、羽田は

不便です。







20190429018.JPG
ここはいつも激込みの

パスポートコントロール。

でも、ターミナル3の

お話。

確かに、ターミナル5も

利用するが、ここまでは

混まないかもね。










どんどん、世の中はAI化が進んでいます

昔は改札口にも人が居て、キップに目印を付けてくれた。

パスポートなら出国と入国のスタンプを。

スタンプも無くなり、顔認証で済む時代。


人手間をかける時代も今に消滅します、カウンターでオーダーを聞き、会計する姿。

そんなのも無くなり、働き手が少ない・・って言う時代もAIが進み改善されるであろう


確かに今は働き手が少なく困っているかも知れないが10年もしたら、

色々な物が省略され、コミュニケーションすら微妙な時代になる。

そう思ったら、入国審査が大変だった話も

笑い話になるのかな?。

また書きます。






今年は少し早めに行う オートモビルカウンシル。

今年で4度目の出展となります 4度目と言うか、初回から出展しているイベントです。

去年からモーターロジックカンパニーと共同展示を展開、ブースも広く取りより見やすく

じっくりと商談もできるようにと椅子の数まで増やして臨んでおります。今回はさらに広く

7台展示で仙台から行く事になりました。来年はオリンピックの影響もあるでしょうから?

来年はどうなるか?分かりません。


東北では多分、取り扱いが

弊社のみ?かも知れない。

アストンマーテインを3台持って残りはランドローバー2台、ローバー2台!出来上がればですが(笑)

持って幕張にお邪魔する予定でございます。

でも、分かりません!今日も小生が製作しているアストンをたまたま見て購入意欲満々な顔で帰られた

お客様もおります。別のお客様で、小生が大事にしているクライアント様も本気で増車を

考えて頂いているようで・・(今週土曜日会います)そんな魅惑のクルマ 

"アストンマーティン"



20190227001 (2).JPG
ヘッドライトを新品で交換します。

ブレーキ前後も同様に。

内装の革のへたりも

張り直しです。

納車時はリヤの足回りなども

交換してお出しする予定です。








20190227001 (1).JPG
何故か?日本での中古車価格が世界一安い。

ヨーロッパではすでに2002yモデルでも

1800万円を超える程の人気車。

ヘッドライトを交換・・と簡単に

言っているが、左右で

120万円を超す。








ブレーキパッドなどはすでに低ダストタイプに交換。

タイヤは新車装着時はヨコハマが指定だが、

今回はピレリーを装着させました。

センターコンソールに歪みがある(日ざしを受けやすい為、良く変形する)

FRPで成型しなおして、歪みを直してから・・小生も大好きなクルマなので

ついつい、余計なところまで手を加えてしまいがち・・そんな悪魔的クルマ

アストンマーティン。



カウンシル・・楽しいイベントになる事、間違いない(笑)。

4月5,6,7日です。

小生、張り付いてますがアストンはどうかな・・3月で

無くなる可能性も・・


ブリディッシュレーベル&モーターロジックカンパニー

是非!ご来店の程、お待ちしております。


人生1度、ジェームスボンドを夢みても

悪くないと思う


そう、ヴァンキッシュな人生を

楽しむべし。


2月も終わり。



2月が終わろうとしています。

今年になってからレストアやカスタマイズの作業をスタッフに任せず、小生自身で

行う事が多くなり、1日が非常に短く感じる 充実していると言えば

確かに充実しているが時間が無いと言えば無い。

全ての車輛仕上げがおしている。


3月は2年ぶりの訪英とジュネーブショーに出かける事もかさなって

現在もバタバタなのだ(決して沢山売れて忙しい訳では無いのだが)。

そんな中

レストアメニューのローバーミニが完了しました。

全塗装とモールなどを新品に交換したベーシックプランに

10インチブレーキキット&シート張替え&センターメーター&3ヵ月又は3000km保証付きの

スタンダードプランを追加したスペシャルなローバーミニをこの2月にご納車させて頂きました。


20190227006.JPG
外観はリンカーングリーンとホワイト

フェンダーミラーを選択しました。

4.5インチ用オーバーフェンダー

ワイパー&ウォッシャーノズル、

フロントグリルもステンメッキ。










20190227005.JPG
リヤマフラーは車高に影響が出ないよう

センターマフラーのデュアルリヤマフラーを

選択。テールランプなどはリヤフェンダーの

加工が要らないMrk2用












20190227007.JPG
リヤボードをスピーカーレスに!フロアカーペットと

同様の素材で製作しました

リヤバンパーやリヤガラスモールなども新品です。
















20190227003.JPG
もう、メーカーが存在しない為 世界のニミファンが

色々とショップレベルで部品を製作したりする。

この色のカーペットも最近、追加オーダーを

したのだが、もう無い。

クラッチキットなども純正品は存在しない

社外を用意して組み込むのだが

音鳴りなどで2度、3度程

エンジンを下す事もある




20190227004.JPG
それでも、残す価値があると思うクルマなのだ!。

メーターは新品になり納車の段階で20kmです

純正メーターは51000km

ここから新しい歴史を積算して下さいませ。

ご契約から3ヵ月程、かかりましたが

中々見れない笑顔で帰られました!










少々、お待たせし、申し訳ありませんでした。

3月にはTD-V8のC様やL494のS様と 2台のカスタマイズレンジローバーを完成させる予定

4月はカウンシルに出品するアストン、そして自社開発部品満載のⅩクラスとナバラを東北初

カスタムカーショーに出品予定です!色々と走って楽しめるクルマ造りを心がけていますよ



相変わらず、沢山売れるクルマの取り扱いはして無いけれど

歴史に残す必要がある車種は続けて行きたいものだ。


SUVは戦国時代ではあるがランドローバーは

ローバーミニのような終期をもしも迎えても

同様のファンが世界には居る



きっと、無い物は造る事は

止めないし諦めないクルマだと思う。







 












1st RENGE ROVER SPORT HSE SD-V6






20190111001.JPG
1stレンジローバースポーツの

最終型になります。


本当ならば、変更前と

変更後を見せるべきなのだが

今回は完成形をお見せしよう





オートバイオファイナルエアロボディキットを武装したディーゼルモデル。

ヘッドライトやリヤゲートのガーニッシュなどはそのままに生かし

サイドパネルを同色にしながら、フロント&リヤバンパーを大きく

変更しているのだ エンブレムはお好みで構わないと思うが、

スタイリングパッケージには含まれている部品となります

エンブレムの色は3色の中から選べる設定にしてある



20190111002.JPG
サイドベンチュリーも変更します

アウターハンドルはお好みで

カスタマイズして下さい。

本当にボディラインは

パーフェクト!。






20190111003.JPG
リヤガーニッシュをシルバーからブラックに!

リヤデフューザーをストレートタイプに変更!

バンパーはお決まりの3色使いでコーデです










20190111004.JPG
SPORT HSEもブラックタイプで製作してみました

ホイールベースもレンジローバー&ディスカバリー

を含めて1番短いモデルになっております 

快適なハンドリングは間違いないです

意外と気が付かない情報。






本当に時間をかけて細かいところまで気を使い仕上げております

レストアレベルではありませんが、ハンドルなどもオリジナルのダイカスで製作し

スポーツ感覚をさらにアップデートさせました ディーゼルのトルクも国内モデル

には無い感覚です 是非!小生が気合いを入れて製作したお気に入りモデル

20190111005.JPG















1st レンジローバースポーツを!

手に入れてみませんか?



駆けるのが

楽しくなる 車です。

全天候型 スーパーSUV!

英国人もこのデザインは大好きなんですよ。
























いつの間にか。




新年 明けましておめでとうございます。

いつの間にか、新しい年に突入しておりますね!

今年はどうなるか?どう、この自動車業界に携わって行けるのか?自問自答しながら

52週間のマラソンに参加し戦って行きたいと思っております 今年もポエマーでは無く

感じた事、思った事をこのブログで伝えて行きたいと考えております 何時もの小生語で


弊社は3つのセクションで分けられます

ヨーロッパ車中心のサービス工場(MLA)※車種限定あります
英国車の専門店 ブリディッシュレーベル(BLA)※J&L中心
オリジナルパーツ&コンプリートカー製作(AMD WS)※造り物屋


ブリディッシュレーベルは造り物屋のイメージ?整備中心と言うより改造が中心?と思われている?

方が多いようですが、そうではありません英国車を中心に車輌販売をする専門店なんですよ!(笑)

そうなれば、MLAも英国車中心の工場と思われて当然ですが、以前はドイツ車販売をしていた実績

などもありますので、全く問題なく、BM&MBなんかも こなせる整備工場 それがMLAなんです!

やっと、工場と販売ショップの棲み分けをして1年が経ちました 2年目からはAMD WSが始動です


AMD WS?

簡単に言うと造り物&改造屋は AMD ワークショップとなります。

現在、小生がWSの現場責任者でして・・毎日、色んな物を造っております(笑)。

ミニのレストアなんかも小生が担当している 最近は手の器用さも戻ってきました(笑)


今、製作中なのは?

ファーストレンジローバースポーツ

セカンドレンジローバースポーツ SVR仕様

メルセデスベンツ Xクラス 350d デモカー

ディスコ4 SD-V6 フェイスリフト などなど。

※SVR仕様はボディキットとして販売予定です


アイツ、会社に来てないなぁ~?とか、思わないでね!こもって仕事してますから。

3月には2年ぶりにヨーロッパを廻ってきます 移動時間も含め8日間の旅となります

あまり歳、歳言わずに情報収集をして行きたいと考えておりました!とにかく、今年も

健康である事は当然の義務として考え少しでも楽しいと思える車を世に出したいと思う





20181225001.JPG
L494 レンジローバースポーツ

3月には完成予定です。

ブレーキはブレンボGT KIT

SVRフェンダー&バンパー

コリスグレー&サントリーニ

の2トンボディです

ホイールはお決まりの

BC22インチを装着予定




関東&関西まで引き取り可能です。

カスタマイズ&レストアのご相談は AMDワークショップにご相談下さいませ。

メールアドレス amd-ws@a-m-design.net お気軽にお問い合わせを。


今年も沢山?は書けませんが何時ものような感じで

駆け抜けますので、今年も宜しくお願いします


































歴史ある デザイン。



自分自身で何とかなる車は好きだが・・

時代の流れを完全に無視する事は出来ない。

13年度を過ぎると10%の割り増し税や、ハイブリッドには恩恵があり

所得税や重量税が減免だ!そんな時代の中でも911(ポルシェ)のようにスタイルを変えず

ボディラインを維持してくれている車もあります ファーストレンジローバースポーツもその1台



20181126004.JPG
初代クラシックレンジローバーの

ディテールをそのまま生かした

ボディラインと言われてます。

小生もこのクォーターピラー

の傾斜角は大好きです。






エンジンはV6になりますが 燃費も考え8速ATです。

高速巡航も120kmで2000rpmを下回る設定域だ。

言い忘れそうだが、正規輸入されていないSD-V6モデルです




20181126005.JPG
テールランプがコンパクトに

まとまっている点もクラシックを

意識している部分では無いでしょうか。










小生、この車なら片道2000kmある 鹿児島まで明日にでも行ける(笑)。

現在、ファーストレンジローバースポーツをオートバイオのファイナルエアロで仕上げ中でした!。

足回りの錆などもキレイに落とし外せる所はとことん外しイギリスの泥も落としてからみなさんに

お見せしたいと思っております どんなに高年式で距離が少なくても英国の道路事情は日本と

はかなり違うため・・ だからこそ素直に状況を伝え、正直にお見せしてから仕上げる

それが、ブリディッシュレーベルの車輌販売です。



来年からは新しく、納車整備メニューを作り、さらなる安心感とサービスの

向上に努めて参りますので もう少々、お待ち下さいませ。



残り20日前後になりますが年内中に

展示できるかと思います。



HPのチェック、宜しくお願い致します(笑)。

デザインと性能がコラボしたファーストスポーツ最終型!

種類あるレンジローバーのポテンシャルを知る為の近道と言える車です。



ただのSUVでは無いとだけ、言っておきます。

ご検討の程、宜しくお願い致します。